HOME > 2016年 > 5月

ブログ

新築、リフォーム、古民家の再生等、企画・設計・施工をプロデュースする
広島の総合建設業/一級建築事務所 株式会社 ウイズアートのNews(ブログ)です。

平成28年度ウイズアート安全総会

2016/05/27

こんにちは!爽やかな五月晴れのなか、自転車通勤で地味に体力作りに励んでいるウエムラです。
さて、去る5月24日、日ごろお世話になっている協力業者の方たちを招いてウイズアート安全総会を開催いたしました。
IMG_1425.JPG
無理のない工程で、無理をせず、当たり前のことを当たり前にやることで事故を未然に防ぐ。
常に危険と背中合わせの現場に於いて、安全に仕事をするために大切なことは何か、
改めて皆で再認識する機会になったのではないかと思います。
また、この度の安全総会では、特別講演に永本建設の永本清三様をお招きしてお話をしていただきました。
IMG_1432.JPG
話の中でも個人的に印象に残ったことは、「利益を山の木に還元しよう」という企業理念を掲げて実際に活動をされていること。
具体的にいうと、地元広島の森を健康に育て、そこから恩恵を受け、また森を育てて次の世代へと繋いでゆくという循環作り。
「より早く、より安く、より多く」エネルギー負荷の大きい効率主義から離れ、
人と自然との関係を育み、地域に雇用を生み、地域の力を高める仕組みを作っていく―
ウイズアートも広島に生き・生かされている企業として、
地元広島を元気にできるように、スタッフ一同力を合わせて頑張っていきたいと思った次第でありました(^^)/☆

浜松にて

2016/05/05

2泊3日で浜松に行ってきました。
浜松といえば、徳川家康が天下とりの足がかりとして築城した地、
また、来年の大河ドラマの主人公「井伊直虎」の地でもあります。
ここでは「家康くん」というキャラクターが町のいたるところで活躍しています。
私達も、木下恵介記念館を訪ね、出世城といわれる「浜松城」へと向い、
その「家康くん」におもいがけず出会いました。
DSC_0748.JPG
【私の夢「日本一の企業㈱ウイズアート」と書いて記念撮影】
日本が世界の東の端にあって
世界のガラパゴスといわれ、現代の文化を享受しているように、
また、日本の中央、浜松から出世し徳川300年を築いた家康公ように
「地の利」は重要なことです。
今更のように、
自分の生まれた地というのは
とても重要で、大切にしなければならないことだと感じました。
私は、この広島で「地の利」を考え、行動したいと思います。
                       
株式会社ウイズアート 伊藤 弘幸